2020年 場         所 天  気
03月19日(木) 天 目 山(てんもくさん)1303m 榛名神社 榛名(はるな)
天目山から榛名一望

09:00 →(上毛三山パノラマ街道)→ 09:35 天神峠BS前

天神峠BS前 09:40 → 10:15 氷室山 → 10:55 天目山(ランチ) 12:05 → 12:25 七曲峠 → 12:45 テニスコート前 → 13:10 天神峠BS前

天神峠BS前 → 榛名神社 やすらぎの湯 → 関越道・前橋IC/練馬IC →



昨日は想定外の雪で予定した二ツ岳に行けなかったので、今日はツボ足で行ける所まで行くつもりで
榛名の天目山に行きました。榛名は掃部ヶ岳、杏ヶ岳以外は久しぶりです。
凍った雪の階段には難儀しましたが、お天気と眺めは最高でした。


今回のコース
天神峠バス停から氷室山を経て天目山山頂。七曲峠から榛名湖畔に下り、天神峠バス停に戻る
天神峠BS前のマップコード 295 208 044*63




朝風呂の後、朝食を食べて
頼んであった大黒屋の温泉饅頭を買って

    

天神峠BSに到着 09:35
天神峠バス停
今日は人が少ないのでバス停の横に停めさせてもらいました



昨日はほとんど歩いていないので、今日はツボ足で行ける所まで行くつもりで出発しました。
天神峠から出発 09:40
大きな天神峠の石灯篭があります     まずは氷室山へ向かいます
  早速、雪の階段。慎重に登ります

振り向くと榛名湖がきれいに見えています♪
真っ白な黒筋のない浅間山が見えました  

  半分凍って滑るので慎重にいきます。
  最後の雪の急坂を登ると・・・

   氷 室 山(ひむろやま) 1236m 10:15
山名はマジックで書いたこれだけ(笑)

氷室山からは急下り
榛名湖を見ながらドンドン下っていきます     まだ下ります
  南斜面は雪が消えています

途中の絶景
雪の急階段を登って  

  やっと笹原に出て
  最後の階段を登ると




  天 目 山(てんもくさん) 1303m 10:55
天目山山頂

東の方には相馬山(右)と雌岳、雄岳の二ツ岳が見えます。
樹間から榛名湖が見えます。木が芽吹くと見えないカモ


ポカポカの山頂でランチタイム
後のお山は三ツ峰山   ○ーソンのコロッケパン。今日はフルーツはありません

ここまで誰とも会わなかったので、今日はこの山域はteel隊だけカモ





のんびり休んで七曲峠へ下ります 12:05
気持ち良い尾根歩きで眺めも最高です。     少し下ると、稜線からの眺めが最高!
  絶景です



天目山から七曲峠の間は気持ち良い稜線と絶景が続きます。
烏帽子岳と鬢櫛山の間から谷川岳(右)から仙ノ倉山までがきれいに見えました。
今日はお天気も眺めも最高です♪



気持ち良い稜線をさらに下って
この辺りは雪がないので歩き易いです  

  七曲峠から左に折れて 12:25
  榛名湖に下ります

北斜面なので雪がまだ深い!
滑る、すべる。ストックを出しました。   湖畔まで下りてきました。 12:45
  榛名ロープウェイも運行してます。

湖畔沿いを眺めを楽しみながら戻ります。
湖畔からは硯岩も掃部ヶ岳もきれいに見えて  

  ビジターセンターの前を通って
  湖畔と別れ天神峠へ

天神峠BSに到着 13:10
今日は1万3千7百歩でした
おつかれさまでした

この後、天神峠から下って、榛名神社へ行きました。






榛名神社
隋神門をくぐって

参道を上がって  神幸殿を見ながら石段を上がって
赤い神橋を渡って     神幸殿

榛名神社本殿
双龍門は改修中でした。

下りはじめるときれいな滝がありました。 下まで戻ってきました。
結構、迫力のある狛犬です。     入口の案内板

榛名神社はパワースポットとしても有名なようで、この時季の平日でもたくさん人がいました。
重機も何も無い1000年以上前にこの地に岩を削りながら道を付け、これだけの建築物を建てたこと自体が
大変なことで、「見て、見て」の観光地とは全く違いますねぇ





はるな酪菜館で食料を仕入れて
やすらぎの湯の隣にあります

〆の温泉は高崎の「やすらぎの湯
やすらぎの湯   オムライスと黒酢あんかけ唐揚げ定食を食べて帰りました。






今回は2日共、良いお天気に恵まれて、眺めも最高でしたが、
桜が咲くこの時季に、まさか榛名で雪の上を歩くとは思いませんでした。
それでも、榛名のお山も伊香保の温泉も気持ち良くて最高でした♪

今日で70歳になりました。押しも押されもしない”老人”の仲間入りをしたわけですが、
日々の衰えと向き合いながら、これからもお山歩きを続けられたらと思っています。


最後まで見ていただいて、ありがとうございました。

おしまい